栄ちゃんのへろへろ通信

channeletv.exblog.jp ブログトップ

<   2004年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

宇部興産、産業排熱から高効率に発電できる高性能熱電変換材料を開発

Date: Tue, 30 Mar 2004 11:16:01 +0900

-+*+--+*+--+*+- バイオマスエネルギーML -+*+--+*+--+*+-
宇部興産、産業排熱から高効率に発電できる高性能熱電変換材料を開発
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=68395
産業排熱から高効率に発電できる高性能熱電変換材料を開発
http://www.ube-ind.co.jp/japanese/japanese/news/news_2003.htm
 宇部興産(株)(社長:常見和正)は、かねてより研究開発を進めてきた熱電
発電技術の実用化において、このほど中温度領域(250℃〜450℃)で高い
性能を示す熱電変換材料の開発に成功した。
 この材料は、今まで強度が弱く実用化が困難といわれていた亜鉛とアンチモン
を主成分としながら、独自のセラミックス製造技術により実用強度を有する焼結
体であり、基本組成において熱電変換材料の性能を示す指数である無次元性能指
数ZTが1.6(400℃の値)を超える高い性能を確保している(従来の代表
的な熱電変換材料では、1.0〜1.1程度)。
また、この材料を用いた中温度領域で高い発電性能を示す熱電変換モジュール作
製のプロセス技術もほぼ完成している。
 宇部興産(株)では、既に低温度領域(300℃以下)の産業排熱回収に最適
な独自の大型熱電変換モジュール(ビスマスとテルルが主成分)を開発済みであ
り、今回開発したこの材料と組み合わせることにより、500℃〜600℃まで
の排熱を回収し、10%以上の高い変換効率で発電できる見込みを得た。
 このような熱電変換モジュールの適用先としては、分散型電源の排熱や、各種
製造プラントの排熱、自動車からの排熱などが有望と考えている。
 今後の展開として、宇部興産(株)では、2004年度より今回開発した材料
を用いた中温度領域の排熱回収への用途展開に着手していくと共に、大型熱電変
換モジュールや、これを応用した熱電発電システムの試作販売を積極的に行って
いく。
また、宇部興産グループにおいて未利用エネルギーの有効活用を積極的に進めて
いくため、2004年度に、グループ会社の宇部マテリアルズ(株)(社長:光
井一彦)保有の各種製造プラントに熱電変換の実証プラントを設置し、省エネル
ギー効果を発揮すると共に電力コストを低減していく計画である。同社はこの実
証プラント設置を契機に、熱電発電事業への進出も視野に入れている。
 尚、今回開発した材料の成果は、新エネルギー・産業技術総合開発機構 (N
EDO)の「高効率熱電変換素子開発先導研究」及び「高効率熱電変換システム
の開発」各プロジェクト(原課:経済産業省製造産業局非鉄金属課)において得
られたものである。
 今回の開発内容については、2004年春季応用物理学関係連合講演会(主催:
(社)応用物理学会、会期3月28日〜31日、会場:東京工科大学)で報告の
予定(3月30日午後)であり、翌31日にも2004年日本金属学会春期大会
(主催:(社)日本金属学会、会期3月30日〜4月1日、会場:東京工業大学
大岡山キャンパス)において報告の予定。
参考資料
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0068395_01.pdf


■参照:バイオマスエネルギーMLより

☆=========================
☆ 高橋 栄策 eisaku@channel-e.tv
http://www.channel-e.tv/voice/
http://www.channel-e.tv/muramati/
http://www.channel-e.tv/ecoguild/
☆携帯ホームページ(開設しました)
http://k.excite.co.jp/hp/u/etv-eisaku
☆=========================
[PR]
by etv-eisaku | 2004-03-30 14:45 | バイオマス・森林保全

投げやりな言葉

ブログの機能なのだからしかたがないが、「投げやりな言葉」だけ残されてもしかたが無い。
こんかいは誤解からはじまったことで言葉足らずになってしまったのだと思う。リンクを伝
って元をみてみたが、それが見当違いだとわかった。もともと文はわたし個人のことでは無
く、ある現象に対して感じたことを書いたことである、心象風景ではない。はじめの理解が
間違っているから噛み合わないのは当然だ。

しかし、この投げやりなこどもじみた言葉がウェブではほんとうに多いと感じる、氾濫して
いるといってもよい。有名だというので、ある掲示板をみにいったことがある。その掲示板
には人を鼻で笑ったようなことしか書いていなかった、不毛だと感じた。時間の無駄だとも
思った、自分にはそんな暇を持て余すように浪費するような無駄な時間はないと感じた。
投げやりな内容と言葉では、その時点で議論を終わらせてしまい不毛な展開しか導かないだ
ろう。こんな掲示板にいても意味がない、書込みをしても結局は有益なことにはならないだ
ろうと思った。

もし人がつながっていると理解ができるのであれば、もっと違ったアプローチになるのだろ
うが残念なことである。根本的に見解の相違はあって当然で、違いが無いはずがない。しか
し投げやりで人を食ったような、これらの対応では議論も深まろうはずもない、また尊重さ
れないような対応は誰も望まない。そもそも自分の意見に自信があるならば、そういったこ
とをする必要がない。ウェブはたいへん有益であるが、このような部分がもう少し変わって
欲しいと思うところである。
[PR]
by etv-eisaku | 2004-03-29 19:55

環境を学ぶ学生たちの携帯ホームページ


高橋です。

つづけて、こんなのも作りました。


■環境を学ぶ学生たちの携帯ホームページ
http://k.fc2.com/hp.cgi/eisaku/

京都精華大学の環境社会学科の学生を中心としたメーリングリストから生まれ、
携帯を使う学生たち用にと設置しました。大学以外の情報もアップして
行きますのでお気軽にお立ち寄りくださいね。
[PR]
by etv-eisaku | 2004-03-13 20:36 | エネルギーリンク

第56回 ネイチュア・フィーリング自然観察会

京都 常住さんからの案合いです。
       10年目に入った御苑の観察会
第56回 ネイチュア・フィーリング自然観察会
主催 京都ネイチュア・フィーリングを進める会
 今年は春が早いようです。
ひょっとすると桜も咲いているかも。
樹や草、虫たちが動き出しています。
春の陽ざしを浴びに、御苑へ来ませんか。
ご案内
場所   京都御苑(御所) 雨天中止 小雨決行
日時   04年3月28日(日曜日)10時〜15時
集合場所 京都御苑内 宗像(むなかた)神社付近
持ち物  弁当、水筒、雨具、筆記具、その他観察用具
服装   少々汚れても良い服装。歩きやすい靴。防寒着。
募集対象 現地集合が出来る、心身に障がいを持つ方(障がいの区
     分は問いません)及び介護者、他どなたでも。
     特別な対応が必要な方は事前連絡を。スタッフとして介
     助をしながら自然観察を楽しみたい方歓迎。
募集人数 30名 多数の場合、障がいを持つ方を優先の上抽選。
参加費  200円(通信費、資料代)。中学生以下無料。
申込方法 初めての方のみ、下記要領でお申し込みください。
     1)住所 2)氏名(フリガナ) 3)電話番号(必ず)
     4)障がいの有無 5)介助の要、不要 6)特別な対
     応の要、不要などをハガキ、電話、FAX、E−mai
     lなどで下記にお申し込みください。
     一度参加された方はご自由にお越しください。
申込先  〒610−1144
     京都市西京区大原野東竹の里町4−2−57−204
     つねずみよしやす(常住良保)
TEL&FAX 075−332−8644
E-mail  tsunezumi@ma2.justnet.ne.jp
申込み締め切り なし
以上

転送大歓迎です。
[PR]
by etv-eisaku | 2004-03-13 15:05 | トピックス&ニュース

新しいことがふえる

またまた新しいことを覚えた。
インターネットの世界は無料でいろいろな
サービスを提供してくれる。
こちらが知らない間にどんどんと
環境が改善されて、こんなこともできるように
なっているんだと驚く。・
[PR]
by etv-eisaku | 2004-03-12 02:43 | エネルギーリンク

鳥インフルエンザ


高橋です。

メンバーのみなさまへ

いま「鳥インフルエンザ」いろいろと問題になっているようで
すね。この鶏に対して食材としての鶏と、命として考察した学
生の論文があります。タイムリーかと思いご紹介します、お時
間と興味があれば、ご一読覧ください。途中でウルルン滞在記
風になっているところもありますが、全体的には若い学生の感
性で調査をし、書いている部分は、だれもが好感をもてると思
います。また「風評被害」と「食の安全、安心」という意味で
も現在のわたしたちの食を考える、ひとつの手だてになるので
はないかと思います。

タイトルは、「消費」の裏側 Summer Internship 2002です。

この学生、実は鶏をさばき、その命をいただくということに行
為に非常に抵抗感があり、議論の中では「家畜とは本来そうう
ゆうものだ」という、ほかの学生の意見や反論に対して、自身
の思いが相手にうまく伝えられずに、感情をコントロールする
ことができなくなり。気持ちをうまく説明することができず。
感情の起伏が大きくなり、議論にならずに泣き出してしまった
学生でした。しかし自分なりのひとつの考えにたどり着こうと
努力をしたことは、その文章から読み取ることはできのではな
いだろうか。


下記、一部文章から引用し紹介:

一個人で考えた場合と、消費者という観点から考えた場合の
ギャップ、そのジレンマを強く意識している。私は食肉に何
を求めているのだろうか。

「食命」すなわち、「命を食すということ」を意識すること
か、徹底した「安全・安心」か。確かに家畜を屠殺・加工し、
食べる状態にまで持って来るには、それなりの技術と作業環
境を要する。それを流通させるには、徹底した品温管理がな
されなければならない。さらに、そういった一連の流れを確
立させるには、膨大な資金を投資しなければならない。

だがそういったシステムが、今の「生を感じない日本社会」
の一端を担っていることは確実だ。

そこで、「はい、鶏の生活環境は酷いもので、生産工場その
ものです」とは言えなかった。なぜなら、いくら鶏の生活環
境が生産工場と化していても、そこでの労働には、デスクワ
ークとは一線を画す苦労が伴うことを知っているからだ。

さらに、私はそれすら知らずに、一消費者として、のうのう
と暮らしてきたという罪悪感を意識している。そのような立
場にいて、生産現場を断罪できるだろうか。そういう思いが
あったから、思わず言葉を濁したのだ。

だが、今ははっきりと言いたい。現代の量産型の養鶏は、鶏
に苦痛を強いている。しかし、そのような鶏の生活環境、さ
らにそこで働く人の過酷な労働環境を維持させているのは、
何も知らない、見ていない大多数の消費者のライフスタイル
に依るものだと。単純に感情論だけで物事を判断し非難する
ことは、非常に無責任なことだから、それだけは絶対に避け
たいと。

地元での体験をまとめたPart1
http://www.kyoto-seika.ac.jp/jinbun/kankyo/student/shimizu/content_01.html

「環境実務研修報告Part2
http://www.kyoto-seika.ac.jp/jinbun/kankyo/student/shimizu/content_02.html
[PR]
by etv-eisaku | 2004-03-10 17:41

食事のカロリー表のページ

先程の食事のカロリー表の件
ここでは、タグが使えるのでしたね。

リンクさせた方が親切かと考えて、タグで挟んで入れ直します。


PS:そうそう、食事のカロリー表は使えると思います。
  もう食事の方は終ったかな??

携帯のホームページを作りました

etv-eisakuのホームページ
アドレスは、
http://k.excite.co.jp/hp/u/etv-eisaku
[PR]
by etv-eisaku | 2004-03-10 17:26

携帯のホームページを作りました

高橋です。



今日はちょっと別件でお願いです。

わたし、はじめて携帯のホームページを作りました。
本日、朝5時までコツコツやっていました・・・とほほ。

まだ試作中のホームページですが、
お手数ですがいちどアクセスしてみてくれませんか?

アドレスは、

etv-eisakuのホームページ
http://k.excite.co.jp/hp/u/etv-eisaku

です。携帯でもパソコンでもアクセスできます。
できれば携帯がうれしいです。

なにか不都合や気がついたところがあれば教えて
くださいませ。どうぞよろしくお願いします。

PS:そうそう、食事のカロリー表は使えると思います。
  もう食事の方は終ったかな??
[PR]
by etv-eisaku | 2004-03-10 17:16

奈良県初で最大の市民共同発電所の点灯式

皆さん、こんにちは、よいお天気ですね。

高橋です。

3月6日に、奈良県初で最大の市民共同発電所の点灯式が
あすなら苑で盛大に行なわれました。何度経験してもあの
感動はいいものでした。目標の800万円の募金や普及活動
も大変でしたが、終ってみればすべてがいい点灯式でした。
目標金額も1000万円に届きそうな勢いです。
また点灯式 には150名の方々が参加され、きょうとグリー
ンファンドの大西さんや、エコテックの林さんらプロジェ
クトにかかわり、お世話になった人たちも多数駆付けてい
ただきました。みなさん口を揃えてプロジェクトチームの
がんばりに感心されておりました。

市民共同発電所という活動が、広く社会に認知されてきた
のだと嬉しく思います。

以上、市民共同発電所の点灯式の報告でした。
[PR]
by etv-eisaku | 2004-03-10 17:13

新しいカテゴリの作り方


説明読みましたが、新しいカテゴリの作り方が
分りません。
カテゴリの横のボタンが動かず選択できません
画面が違うのでしょうか?
どなたか教えていただけませんか。
[PR]
by etv-eisaku | 2004-03-09 17:58

環境や自然エネルギー、地域おこしのことをつれずれに書いています。■市民共同発電所の設置活動を行なっています。(写真は京都の夢窓幼稚園の点灯式の様子です。)


by etv-eisaku
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31