栄ちゃんのへろへろ通信

channeletv.exblog.jp ブログトップ

カラ梅雨とキヤベツ



ドン・ガバチョです。

梅雨の季節になりましたね。梅雨といえば気温は高く湿度も高くジメジメ・・・と、なるはずなのですが、今年は梅雨はまるでどこかへ行ってしまったようです。

連日、気持ちのよい日が続いていますね。お天気が毎日続くことはいいことなのですが、やはり雨の必要な時は雨が降っていないと後々困る場合があります。例えばいまニュースでキャベツや野菜の値段が随分と安いという。いま春先の日照不足で生育が遅れていた農産物が出荷されだしたという。

そのことで本来出荷する産地と重なり商品がダブり出しておりそのために値段が下落しているという。出荷するほどにソンが出るという、生産者にとっては死活問題である。産地では出荷調整を行ないキャベツをトラクタで踏みつぶしていた。もちろんその損失分は農林から補填はされそうであるが、それでいいというものではない。

こんな話しもある、同じく数年前に台風で大きな被害を受けたリンゴ農家を救おうと、傷んだリンゴをみんなで買おうとスーパーで販売をしたりしていた。そのこと自体は悪い事ではないが、しかし随分とドロナワ的な対処方法だなと思っていた。

そんなことを思っていた矢先に再度台風がやってきた。また被害を受けたリンゴの産地はどうなったのかと心配していたが、なんと落下したリンゴを使ってジュースを作ったという、被害に備えていたのだと知った。このことが大切だ。

キャベツ農家についても何か次ぎに備える必要があるのではないだろうか、わたしは考える、同じお金を出すならばキャベツの利用方法を一般からアイデアを募集して次に備える。そんなことも必要ではないだろうか、宣伝にもなるだろうしファンづくりにも繋がる、地場産業が生まれるかも知れない。そう行動した方がキャベツを踏みつぶすよりも精神的にも健全だと思うのだが、みなさんはどう思われますか?

追伸:いまニュースで6〜7月出荷のキャベツが渇水のため育たず出荷できないと述べていた。同じ放送局でも関西と関東とのニュースソースの違いなのだろうか、まったく逆のことを云っている。じゃ関東から関西へキャベツまわせば?やっぱりうまく機能していないのではと思ってしまうのである。


*******************************
http://www.channel-e.tv/
http://www.channel-e.tv/voice/
http://www.channel-e.tv/muramati/
http://www.channel-e.tv/ecoguild/
*******************************
[PR]
by etv-eisaku | 2005-06-23 15:50 | 地域おこし

環境や自然エネルギー、地域おこしのことをつれずれに書いています。■市民共同発電所の設置活動を行なっています。(写真は京都の夢窓幼稚園の点灯式の様子です。)


by etv-eisaku
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31