栄ちゃんのへろへろ通信

channeletv.exblog.jp ブログトップ

平成17年度環境モニター会議に参加


環境省は、地方における環境情報を調査・収集することなどを目的として、昭和49年から環境モニター制度を設置しています。わたしもこの環境モニターを委嘱され、6月6日(月)、きんき環境館のある大阪天満橋OMMビル8階会議室で、近畿各県から委嘱された環境モニターの人たちが集まり「環境モニター会議」が開催されました。

当日の会議では、環境省近畿地区環境対策調査官事務所長、麻生勝さんの挨拶。環境モニターの業務説明を環境対策調査官の尾浦義行さんが行ない。引続き環境保全への取り組みとして、滋賀県の琵琶湖環境政策室、副参事の高橋滝治郎さん。京都府の環境政策室、企画担当係長、上野晋也さん。大阪府地球環境課政策グループ主査、笠原秀紀さんによる、各三府県における環境施策についての報告がありました。休憩を挟み、大阪環境カウンセラー協会の谷美也子さんの「私の『我が家の環境大臣事業』に対する取組」という家庭における生活環境の取組のお話があり、最後に意見交換及び質疑の時間がありました。

わたしも挙手して意見を述べてきました。いただいた資料では全国で500名のモニターから845件の報告件数(平成15年度の環境モニター報告資料から)があるが、それらはどうなっているかと云うと冊子「かんきょう」に6編ほどが掲載されるだけだということなので、せっかく報告された意見が活かされず、あまりにももったいないと思う。印刷などは費用やページという制限があるだろうが、インターネットに掲載するなどの対応は可能だと思うので、ぜひ報告を活かす意味でも何か方法を考えてもらえないだろうかと提言した。

また京都府がすすめる「京都府温暖化対策条例(仮称)の制定」についても、府が取組むことの意義はたいへん大きいと評価する。京都市(市はすでに制定済)と京都府はそれぞれが行なう、役割はおのずと違うと思うので配慮していただきたい、特に京都府は北から南まで気候や地域性など多様な特徴を持った市町村があり、それらに対応したメリハリのある条例として欲しいと意見を述べて来た。

終了後は、はじめて訪れた「きんき環境館」を見学してきました。部屋にはボランティア団体用のBOXが両方の壁にあり、このBOXやテーブルが和歌山の龍神村製で、杉の間伐材を使って造られているそうである。どうりで部屋に入ると木の良い香りがするのなだと納得する。環境関係だけでなく行政関係はもっとこのようなことを進めてもらいたいと思った。環境モニターの委嘱期間は2年間、わたしは自分の活動に関係したことでいろいろと提言をして行きたいと思います。

以上報告まで。


*******************************
http://www.channel-e.tv/
http://www.channel-e.tv/voice/
http://www.channel-e.tv/muramati/
http://www.channel-e.tv/ecoguild/
*******************************

a0008237_15373079.jpg
[PR]
by etv-eisaku | 2005-06-08 15:38 | 管理人の日記

環境や自然エネルギー、地域おこしのことをつれずれに書いています。■市民共同発電所の設置活動を行なっています。(写真は京都の夢窓幼稚園の点灯式の様子です。)


by etv-eisaku
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31